熱中症に気を付けましょう


職場での熱中症による死亡事例は、建設業において多く発生しています。

熱中症は他人事ではなく、あなた自身の問題です。

 

「水分補給」と「暑さを避ける」ことが大切

1.WBGT基準値(暑さ指数)を超えることが予想される場合は簡単な屋根の設置、作業時間の見直し、単独作業を避けてください。作業時間については午後2時から4時台が熱中症の多く発生する時間帯です。長めの休憩時間を取ってください。

2.作業者が睡眠不足、体調不良等の場合、熱中症の発症に影響を与える恐れがあることから、作業者に対して作業場所の変更や作業転換等を行なってください。

3.管理、監督者は現場巡回を行い作業員に定期的に水分、塩分を取るように指導してください。塩飴、スポーツドリンク等を常備しておくことをお勧めします。

4.首筋を冷やすネッククーラー、速乾性の下着等も効果的です。

 

熱中症で労災保険が適用

・万が一、仕事に関連して熱中症になった場合は、労災保険が適用されます。組合にお知らせください。


Copyright© 2006-2017 Zenkensoren Fukushima. All Rights Reserved.