全建総連福島(福島県建設労働組合連合会)は、1960年(昭和35年)に福島県の建設業従事者(中小規模事業主・労働者)が個人加入する建設組合の連合会として結成されました。以来50年以上にわたって、建設業に働く仲間を支えてきました。現在、県内15の建設組合が加盟。県内の建設従事者の約8.6%を占める、約7,500名(4,588社:工務店2,500社、設計事務所173社など、土木、板金、左官、塗装など住宅建設の関連業種を含む)以上の組合員が加入するにいたっています。

各種情報提供

全建総連福島がご提供する基本サービスについて、その内容やご利用方法等をご紹介します。

人生は、悩みごとなしでは生きていけない。悩んだ時に、相談相手のいる安心感を、あなたに。

各種講習会やQ&A、各種パンフレットなどの情報が掲載されています。

全建総連福島に加盟している建設業者72社
みなさんにピッタリの住まい作りのお手伝い

きょうの安達太良

2016年11月18日 8時44分撮影

大玉村にある全建総連福島の事務所からは安達太良山を眺めることが出来ます。
春から夏にかけての緑の美しさ、秋の紅葉の彩り、冬の雪に覆われた雄々しい姿など、四季の移ろいの中で私たちに様々な表情を見せてくれます。
その姿をここへ訪れた方にお楽しみいただければ、ということで、撮影画像をUPしています。
故郷を離れて遠方で暮らしている方にも、このページを通してふるさとの姿をご覧いただければ幸いです。
安達太良山は標高約1,700m。日本百名山の一つに数えられており、高村光太郎の「智恵子抄」“樹下の二人”の一節でも知られています。
※画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

Copyright© 2006-2016 Zenkensoren Fukushima. All Rights Reserved.